未分類

妊娠線ができやすい人って?

妊娠出産の期間に気になることの一つとして、妊娠線がありますよね。お腹が大きくなるスピードに皮膚がついていけず、ひび割れたようになるのが妊娠線です。徐々に目立たなくなっていくものの、それが完全に消えることはないといわれています。
でも周りの話を聞いていると、ケアしていたのにできてしまった人や、何もケアしなくてもできなかった人などさまざまです。妊娠線ができやすい体質ってあるのでしょうか。
こんな人は要注意。「もともとポッチャリさん」、「小柄な人」、「双子を妊娠している人」、「経産婦さん」です。
もともとポッチャリさんは、皮下脂肪が多めの人です。皮下脂肪には弾力性がないのでひび割れが起きやすく、妊娠線ができやすいといわれています。
身体の小さな人は、その分骨盤も小さめ。赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹が前に出ていくので、お腹の膨らみに皮膚がついていけなくなるのです。

一人の赤ちゃんでも妊娠線ができるわけですから、双子以上の妊娠で妊娠線のリスクが高くなるのは、当然といえば当然ですよね。お腹がそれだけ大きくなれば、妊娠線もできやすくなります。
一人目のときには妊娠線ができなかったという人も、安心してはいけません。二人目以降は子宮が大きくなりやすく、赤ちゃんも大きくなりやすいといわれます。初産のときよりお腹が大きくなるわけですから、妊娠線ができてしまうかもしれないのです。
できてから後悔するよりも、早めのケアで妊娠線を予防したいですよね。できやすい人に当てはまった人もそうでない人も、しっかりケアしましょう。

http://できた妊娠線消す.com/